??????????? PARSNIPS PRESS
London Fashion Week Autumn/Winter 2016-17 official schedule released!London Collection:Men Autumn/Winter 16-17 official schedule released!
ゴシップ

ハットンガーデンの宝石泥棒現場で朗読会


2015年のイースターに発生し、英国史上最高額の宝石泥棒として話題になった、ロンドン、ハットンガーデンの貸金庫襲撃事件。事件後、貸金庫会社が倒産し、建物は新しいオーナーの手に移った。
その事件の現場となった地下金庫室で先ごろ、英国のナショナル・ユース・シアター創立60周年(ダイヤモンドアニバーサリー)を祝して、チャリティ目的の演劇朗読会が開催された。建物の新オーナー、デビッド・パール氏の協力によるもので、事件後、一度はふさいだコンクリート壁の侵入孔を再び開け、内部の貸金庫も、事件直後と同じように散らかした状態の中で、朗読会を開催した。


リテーラー

ロンドンでも雪。寒い英国で春物大苦戦


London 26046_01
ダウンやコート、ニットキャップと、真冬のような服装のロンドンの人々

 

大西洋西部に広がる高気圧の影響で北極からの冷たい風が吹き付け、平均気温が平年より4度も低い英国の4月。ロンドンでも、26日午後ににわか雪が降るなど、不安定な天候となっており、最高気温11~13度、最低気温3~5度の日々が続いている。
このため、春物衣料品は大苦戦。ファッションチェーンがこぞって、異例の値引きを開始している。英国気象庁の予報によると、大気が不安定になっているため、しばらくは、気温も上がらず、にわか雨(地域によっては雪)の多い天候が続くという。衣料品売上は2月以降低迷しており、予報通りなら、今年の春夏商戦は、本格化することなくセールに突入することになりそうだ。


リテーラー 統計

3月英国小売、実質減少


Oxford St sign

 

英国小売連合(British Retail Consortum  BRC)の統計によると、2016年3月の英国小売は、前年同時期比で増減なしの結果となったが、売上が伸びる時期であるイースター休暇が今年は3月末だったことを考慮すると、実質的には減少となる。とくに、衣料品・靴は厳しい状況だという。
商店街やショッピングセンターへの人出(フットフォール)も、商店街3.9パーセント減、ショッピングセンター3.7パーセント減となっており、郊外型リテールパークの1.6パーセント増を加味しても、全体で2.7パーセント減となった。
BRCのヘレン・ディキンソンCEOは、「小売業はマルチチャンネル化しており、消費者はモバイル機器を使ったオンラインショッピングと、実店舗での買い物を同等に考えている。小売業はオンラインショップに多大な投資を行っているが、実店舗との連携こそが消費者を引き付ける。しかし、このまま実店舗への来店者数が減少していけば、店舗を維持することは難しい」とコメントした。


リテーラー

BHS、管財人の手に。負債総額13億ポンド


BHS 20122014
BHSのオックスフォードストリート店

 

1928年設立、英国全土に164店舗を擁する量販チェーン、BHSが管財人の手に渡った。負債総額13億ポンド、うち5億7100万ポンドが年金基金の運用赤字となっている。管財人のダフ&フェルプスは、店舗の営業は続けるとしているが、先行きは不明。BHSは2015年まで、フィリップ・グリーン卿率いるアルカディアグループの一員だったが、経営不振のため、1ポンドでリテールアクイジション社に売却されていた。
BHSは先月、債権者の同意を得て約半数の店舗の賃貸料を半額にする措置を取ったが、先週、資金借り入れに失敗した上、オックスフォードストリート店などの不動産売却益が、目標の1億ポンドに届かなかったことで、力尽きた格好だ。
ダフ&フィリップスは現在、売却先を探しているようだが、チェーン全体としての売却は難しいと見られており、各店舗を不動産として売却することになれば、英国の商店街からBHSの名前が消えることになる。


展覧会

香りも服もまとうもの — ファッションと香水のコラボレーション展覧会 The Scent of Curiosity


ロンドン、ドーバーストリートのイルミヌム・ロンドン・ギャラリーで、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション出身の日本人デザイナー、西山景子のブランド「ケイコ・ニシヤマ」と、2011年創設の香水ブランド、イルミヌムとのコラボレーションによる展覧会、The Scent of Curiosityが始まった。

Keiko Nishiyama 1
昆虫が花のようなモチーフを作る西山景子のSS16コレクション。天井から下がるボトルでも、イルミヌムの香水を体験できる

西山の2016年春夏コレクションのアイテムと、そのイメージに合うイルミヌムの香水を合わせ、ドレスやスカートを香りごと体感する展覧会で、展示されている19のアイテムから、それぞれ別の香水が香る。西山は「香水も服も、英語ではwearで表現する、ファッションの一部。自分の作るものにも香りがあるように感じるし、イルミヌムの香水はエモーショナルなものを表現しているので、コラボレーションは楽しみだった」と語る。

 

Keiko Nishiyama 2
ボトルに止まった昆虫が井上織衣の作品

 

Keiko Nishiyama 3
西山景子(右)と井上織衣。左の標本箱の中も井上の作品

また、遠くからは花柄に見えるが、近寄ると蝶やトンボなど昆虫が花のかたちを作っている西山の作品とともに、フランス在住の日本人アーティスト、井上織衣(いのうえ おりえ)による、植物を素材にした昆虫が、標本箱の中や、ディスプレーボトルに止まって展示されている。珍奇なものを集めた標本箱「Cabinet of Curiosity」をテーマとする西山のコレクションと雰囲気が一致することから、今回の展示に参加することになった。二人はともに女子美術大学の出身だが、在学中に面識はなく、それぞれがデザイナーとアーティストとして活動を始めた後、共通の知り合いやインターネットを通じて知り合ったとか。
西山はこの展覧会用にTシャツを制作、期間中にギャラリーで販売もする。価格は140ポンドから。

The Scent of Curiosity
Illuminum London Gallery
41 Dover Street London W1S 4NS

http://illuminumlondon.com/london-flagship/

4月28日まで


リテーラー 決算

プリマーク、暖冬で減益


Primark 21 12 2013
プリマーク

 

ディスカウント量販のプリマークは、2月27日までの24週間(上半期)で、売上高5パーセント増の27億ポンド、営業利益3パーセント減の3億1300万ポンドと、増収減益を記録した。クリスマス商戦期の暖冬が大きく影響したという。


Top