??????????? PARSNIPS PRESS
London Fashion Week Spring/Summer 17 official schedule released!London Collection:Men Spring/Summer 2017

2015年のクリスマス商戦に異変? ネガティブなクリスマスCM相次ぐ


 

クリスマス商戦本番の11月、小売業各社が相次いでテレビCMをスタートさせている。2015年のCMは、「欲しくないものをもらったらどうする?」「つまらないものをプレゼントされたとき、どう笑顔を作る?」といった、クリスマスの小さなトラブルを前面に出したものがいくつも登場、話題を呼んでいる。昨年、プレゼントを指定する少女を主人公にして物議をかもした高級百貨店ハーヴェイ・ニコルズは今年、辞書とサイズの合わない手編みセーターを贈られた少女が作り笑顔で落胆を隠す様子を描いた。家電・コンピュータ機器量販のカリーズPCワールドは俳優ジェフ・ゴールドバウムを起用、プレゼントがタルカムパウダーだったときの笑顔の作り方など、不本意なプレゼントでも場の空気を壊さない方法を教えるシリーズを放映している。また、ドイツ系ディスカウントチェーン、リードルは、クリスマスシーズンを盛り上げる方法を説くCMのシリーズのひとつで、つまらないプレゼントをもらった際の対処法を教えている。
「クリスマスあるある」を描くことで視聴者を笑わせ、親近感を抱いてもらうつもりで制作されたこれらCM。競合他社のハッピー気分満点のCMの合間に流れてこそ生きるユーモアであるはずが、不幸にも被ってしまった。話題にはなったが広告本来の目的はどこまで果たせるのだろうか。

 
Top